二重が腫れない整形方法|目チカラアップの法則

プチ整形でパッチリ目に

女医

最終的にはどちらが安いか

パッチリとした二重の目に憧れるし理想だと思うけど、日本人は一重や奥二重が多いのが現実です。手軽にパッチリ目になれる二重メイクグッズとして、接着剤やテープやファイバーなどがあり、雑貨屋やドラッグストアで大変人気の商品です。とくにファイバーは肌に優しい素材で食い込ませるだけなので、まぶたがかぶれず腫れないので肌の弱い人におすすめです。毎日のように使い続けることで、まぶたに跡がついて二重になれるという情報もあり、毎朝だけでなく寝る前にも使っている人もいるようです。でも、毎日使い続けるということは、単価では安いものであっても数年間でかなりの金額になるのではないでしょうか。実は、整形による二重治療は価格が安くなってきていて、数年間二重メイクグッズを買い続けるよりも安いクリニックも多数あります。まぶたの厚さなどで料金は変わってきますが、驚くほどの低料金で、治療時間は30分程度と早いことから、メイク感覚のプチ整形と言われるほどです。それでも整形に抵抗があるなら今まで通りメイクを続けるのも良いですし、購入や手間のわずらわしさから解放されるために整形で治療するのも良いでしょう。

施術後の腫れが気になる

プチ整形と言われるほど簡単に二重を作ることができますが、やはり整形なのでリスクが無いわけではないことを、しっかりと知っておきましょう。目の周りは皮膚が薄く細い血管が通っている場所なので、そんな場所に手術をするということは、低料金であっても豊富な実績があるクリニックを選ぶことが重要です。埋没法による治療なら施術後にまぶたがほとんど腫れないので、周囲に整形をしたことがばれにくいのでおすすめです。埋没法にもダウンタイムはあり、糸を埋め込むときの針の跡が2日ほど残り、その期間メイクができません。それに、手軽な埋没法ですが全く腫れないわけではなく、個人差はありますがまぶたがむくんでいる程度には腫れます。仕事が休みになる前日に治療を受けると、休日にある程度腫れが引くので、その後出社してもばれにくくておすすめです。二重にするための治療はいくつかありますが、全く腫れないという治療はありませんので、施術後の腫れは多少あることを覚悟で治療に望んでください。

特徴を把握しましょう

バスト

豊胸手術にはシリコンバッグを挿入する方法と、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入の3パターンが挙げられます。各治療法には特徴があり、注意点もありますから、事前に確認が必要です。また、ご自身が最も重視するポイントが、サイズアップ、バレない、手軽さのいずれなのかを見極めることが治療法選びにおいて重要です。

真皮層から染料を排出

座るレディ

レーザーで肌表面を焦がせば、真皮層では新しい肌細胞が作られます。それにつれて、真皮層に達しているタトゥーの染料は押し上げられ、やがては排出されます。レーザーは低出力で照射されるので、タトゥーが目立たなくなるまでは3〜5回の施術が必要となります。しかしその分肌には跡が残らず、美しい仕上がりとなります。

キレイなボディラインに

困る女性

脂肪吸引は確実に脂肪を除去するので、美容クリニックで人気の施術です。ただ、ダイエットとは違い、左右非対称の太ももになったり、アンバランスなボディラインになってしまうケースもあります。失敗しないためには、経験豊かで技術の高い医師を選ぶことが大切です。