特徴を把握しましょう|二重が腫れない整形方法|目チカラアップの法則

二重が腫れない整形方法|目チカラアップの法則

特徴を把握しましょう

バスト

豊胸手術の定番として、従来から活用されているのがバッグ挿入法であり、いわゆるシリコンで作られたバッグをバストに埋め込んでいく方法です。この方法で治療するメリットは、大きなハリのあるバストを実現することが出来る点ですが、シリコンが破損する可能性もある点は注意が必要です。ただし、技術が高まっている近年では、シリコンバッグの外膜の耐久性も高まっているようですから、基本的には破損することはないようです。一方、バッグ挿入法以外の治療法としては、脂肪注入法と、プチ整形として評判のヒアルロン酸注入が挙げられます。これらの治療法の注意点は、脂肪注入法では、喫煙者には効果が出にくい点、ヒアルロン酸注入では、効果を維持するためには注入を繰り返す必要がある点です。

豊胸手術を行う際には、ご自身が最も重視するポイントが、サイズアップなのか、バレないことなのか、手軽さなのかをしっかり見極める必要があります。それぞれの豊胸手術にはメリットがたくさんありますが、残念ながら、全てがメリットというわけではないからです。具体的に確認すると、サイズアップを重視する場合は、バッグ挿入法が最も適した治療法で、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入と続きます。続いて、バレないことを重視するならば、脂肪注入法が最適で、順にヒアルロン酸注入、バッグ挿入法です。最後に、手軽さを最重視するケースでは、ヒアルロン酸注入が最も手軽で、バッグ挿入法と脂肪注入法はほぼ同じくらいということになります。なお、手軽さとは、豊胸手術に割く時間や通院回数が少ないこと、ダウンタイムが少ないこととお考えください。